スタッフブログ  

記事一覧

Supreme LAのショップにて強盗が発生!銃で脅しアイテムを奪い取る

国内でもSupreme 2017SS WEE9がローンチとなり、希望のアイテムをゲットし気分が上がっている方も多いだろう。
しかし、そんな高ぶる気持ちを踏みにじるような許し難い事件がSupremeのLA店にて起こってしまった。ローンチ日にLAのSupremeのショップで9時間並んだ末に購入したばかりのアイテムを、強盗にうばわれる事件が発生。
17歳のBrandonは、ガールフレンドと共にオープン前から行列に並び、9時間経った午後2時に425ドル分のアイテムを購入し、車に戻ったところを、いきなり男に銃口をつきつけられ買ったばかりのアイテムを強奪されてしまった。

男はBrandonの購入アイテムを強奪し乗ってきたと思われる車に戻ったという。

その車には複数の人間が乗っており、複数の銃器も見えたようだ。

命が助かったことを感謝しつつ、Brandonは忘れられないくらい怖い出来事だったと述べ、Supremeのリリース日にはガードマンだけじゃなく、警察も出動するよう求めている。

さらにこの日強盗の被害にあったのはBrandonだけではなく複数に渡り被害が広がったようで組織的な犯行と見られている。

今回被害Brandonは、Supremeのアイテムは今後は店には並ばず、オンラインショップで購入し続けると明かした。

Supreme 2018年秋冬コレクションの欧米オンライン完売スピードランキング

Supreme(シュプリーム)〉の2018年秋冬コレクションは、今週末でWeek 3に突入。今週はSonic Youth(ソニック ユース)のアルバム『Dirty』のアートワークを手がけたことでも知られるアメリカの現代アーティスト、Mike Kelley(マイク・ケリー)とのコラボアイテムがラインアップに名を連ねるが、米国ならびにヨーロッパのオンラインストアにおける完売スピードランキングはどのような結果になったのだろうか。

Mike Kelleyコラボと人気を分け合ったのは、〈Supreme〉のロゴをシンプルに胸元中央に配したTrademark Hooded Sweatshirt。その中でも特に人気が集中したのは意外にもナチュラルカラーで、Smallからなくなっていくのはお決まりだが、XLに関してもUSで22.3秒、EUでは11秒でソールドアウトに至っている。その他に人気上位に食い込んだのは、Mike Kelley関連のTシャツやワークジャケット、そして「AWS」のデジタル重量計など。この結果を見る限り、〈Champion(チャンピオン)〉のコーチジャケットやキャップ類は狙い目かもしれない。

9月8日(土)の国内販売に備えて、以下の結果とWeek 3のアイテム一覧を照らし合わせながら、カートイン計画を練ってみてはいかがだろうか。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ